アルピナマスターコラム-第99回

アルピナマスターコラム

アルピナマスターコラム

第99回
新生活に!ウォーターサーバーのある暮らし

2018年04月06日

引っ越しシーズンであるこの季節。人材不足と繁忙期が重なり“引っ越し難民”が続出しているといった問題もニュースとなっています。

そのため“セルフ引っ越し”をする方も増えているようですが、このようなときに利用したいものが、家電のレンタルサービスです。
大学生や転勤者が期間限定で一人ぐらしを始める際、「買うよりおトク」といった理由から利用することが多いサービス。ですが月単位での契約ができるため、身軽に引っ越したいときにも◎。レンタル家電は新居に届けてもらえるため、衣類など最低限必要なものだけを自身で運び込めばよいのです。

また最新家電もレンタルできるため、買う前にお試しで借りてみるという使い方も可能。新生活向けの家電セットについつい手が伸びてしまいますが、自分の生活スタイルがある程度掴めたうえで欲しい家電のみを少しずつ買い足せば、無駄のない新生活がおくれるはずです。

新生活に必要な家電といえば、冷蔵庫に洗濯機に掃除機。ここに電子レンジと炊飯器といった調理家電が加われば最低限の生活は可能ですが、できればここにプラスしてもらいたいものがウォーターサーバーです。
「ウォーターサーバー=贅沢品」といったイメージがまだまだ根強いですが、サーバー本体は月契約のレンタル品。しかもアルピナウォーターの水ボトルであれば、12リットルで1,050円(税別)。通勤途中に毎日コンビニで水やお茶を買うという方であれば、じつはウォーターサーバーを利用する方がおトクなのです。

またウォーターサーバーは瞬時に熱湯が使えるため、お湯を沸かす手間はなし。コーヒー・紅茶も手軽に抽出できるため、カフェでコーヒーを毎日買うといった方であれば、マイボトルを持って行くだけでもかなりの節約になるはずです。

アルピナウォーターは不純物を99.9%除去した安全なお水。そのため赤ちゃんや高齢者のいるファミリー世帯に人気のウォーターサーバーですが、じつは忙しい単身世帯にこそ使ってもらいたいもの。疲れて帰宅した際、お湯を沸かすといった簡単な作業でさえ面倒だと感じることもありますが、ウォーターサーバーがあれば、すぐに温かいお茶でホッとひと息つくことも。キッチンやテーブルの上にちょこんと置ける卓上型もあるため、省スペースのお部屋でも使うことができます。

学生や新社会人の単身者のなかで防災用品のストックしているという方は、まだまだ少ないはずです。ですがウォーターサーバーが自宅にあれば、置いておくことが飲料水のストックに。意外におトクで防災用品としても使えるため、一人暮らしを始めるお子さんをお持ちの親御さんは、ウォーターサーバーの導入をすすめてみてはいかがでしょうか。