アルピナマスターコラム-第128回

アルピナマスターコラム

アルピナマスターコラム

第128回
拭き取り化粧水ではじめる夏美容

2019年8月23日

紫外線にエアコンによる乾燥と、かなり過酷な状況にさらされている夏の肌。
なかでも肌の大敵である紫外線は肌のターンオーバーを早めてしまうため、毛穴に皮脂が詰まって起こるザラザラ肌や大人ニキビの原因になってしまいます。

そのためいくら良い化粧水や美容液を使ったとしても、土台である肌がザラザラ・ゴワゴワしていればきちんと浸透していかないもの。拭き取り化粧水を使ったことがないという方も、この時期だけはワンアイテム取り入れてみることをおすすめします。

なかでも取り入れやすいのは、朝のメイク前。
拭き取り化粧水は洗顔の代わりとしても使えるため、わざわざ洗顔フォームを泡立てて洗って流して…という手間が省ける優れもの。コットンにたっぷり浸した化粧水で優しく肌を拭き取れば、あとは普段通りに肌を整えてメイクをするだけ。スーッとした清涼感のあるものを選べば、不快な夏の朝をほんの少しだけ爽やかにスタートすることができそうです。

そしてこの拭き取り化粧水は、実はアルピナウォーターを使って手づくりすることもできるのです。材料は全てドラッグストアで手に入るため、夏だけでも冷蔵庫にストックしてみてはいかがでしょうか。

【材料】
アルピナウォーター 100ml
重曹 1g
クエン酸 小さじ1

作り方はビックリするほど簡単で、上記の材料を混ぜて清潔な保存容器に入れるだけ。保湿効果が欲しい場合はグリセリン10mlを加えたり、もう少し本格的に作りたい場合はクエン酸をAHAフルーツ酸5mlに変えるなど、レシピを変えることもできます。

そしてこのレシピのポイントは、ピュアウォーターであるアルピナウォーターをベースとしているところ。ミネラルウォーターに含まれる不純物は手づくり化粧品には向かないため、純度99.9%まで磨いたアルピナウォーターは飲むだけでなくこのような使い方もできるのです。

アルピナウォーターベースの拭き取り化粧水であれば、たっぷり使っても経済的。まだ拭き取り化粧水を使ったことがないという方は、手軽なアルピナ化粧水からはじめてみてはいかがでしょうか。