アルピナマスターコラム-第28回

アルピナマスターコラム

アルピナマスターコラム

第28回
お茶(緑茶)の効果とピュアウォーター

2013年10月2日

健康に良いとされ、古くから日本人に愛されているお茶。現在ではペットボトル飲料として発売されるなど、より人々の身近になりその人気は衰えることがありません。
最近のペットボトル飲料のお茶は、抹茶をブレンドしたものや、急須でいれた「にごり」の旨みを再現した本格緑茶、飲む際に緑茶粉末とボトルの水を混ぜ合わせるものなど様々な種類が登場しています。 今回は、そんなお茶の効能を振り返りながら、ピュアウォーター(純水)との相性にも触れたいと思います。

独特な味わいを楽しめるお茶の健康成分と言えばご存じの通り「カテキン」です。
では皆さんはカテキンがどのようなもので、どう健康に良いかを知っていますか。
カテキンとは、お茶などの茶葉に含まれているポリフェノールの一種で別名タンニンとも言われます。
私たちがお茶を飲んだ時に「渋い」と感じる。これがカテキンの正体になります。
そして、この渋みこそが病気の予防やアンチエイジングなど、私たちの健康を促進させてくれるものです。

カテキンには下記の通り、摂取するとさまざまな効果が期待できます。
・抗酸化作用…強い抗酸化力を持ち、人体の酸化(老化)を防ぐ。
・動脈硬化、高血圧を防ぐ…血中の悪玉コレステロールを低下させ、血中脂質を正常化。
・がん予防…抗酸化力により食道がん、胃がんなどさまざまながんの発生を抑える効果があるとされる。
こうした効果が期待できるからこそ、お茶が日本人に愛され続けていることがうなずけます。
また、ペットボトル飲料のお茶の人気が高いことも納得できます。

しかし、ペットボトル飲料のお茶も、健康に良いのみでは愛飲し続けられることはできないでしょう。
そこにおいしさや飲みやすさなども含まれると思います。 皆さんはペットボトル飲料のお茶を飲む際、ラベルの成分表示の説明部分を目にしたことはありますか。
原材料や内容量などが書かれていますが、その部分に「天然水」「純水で淹れた」などの説明もあります。 ピュアウォーター(純水)を使用しているお茶は少なくなく、使用すると茶葉の本来の自然なおいしさを引き出すうえに、味もマイルドになり口当たりのよいお茶に仕上がります。

お茶はミネラルウォーターとの相性も良いですが、このようにピュアウォーターとの相性も最適。皆さんもペットボトル飲料のお茶を飲む際に、その味の違いを確かめてみてはいかがでしょうか。