アルピナマスターコラム-第13回

アルピナマスターコラム

アルピナマスターコラム

第13回
流行りの炭酸水

2011年12月07日

欧米では、天然の炭酸が含まれたミネラルウォーターが一般的なケースもあります。
ミネラルウォーターには自然の段階で炭酸を含むものと、元々炭酸を含まないか製造工程で炭酸抜きをする製品があります。
前者を「スパークリングミネラルウォーター」、後者を「スティルウォーター」といいます。

従来の日本では、基本的には水に炭酸が加わっただけのスパーリングウォーターはそれほど好まれている物ではありませんでした。
日本では炭酸を含む飲料には普通、味がついているものでしたので、水に炭酸が入っているだけのスパークリングウォーターは違和感のあるものだったのかもしれません。

しかし、ここ数年でその状況も大きく変わりました。数多くの飲料メーカーが炭酸入りのミネラルウォーター「炭酸水」を販売してきました。
飲んだ後の炭酸独特の清涼感が、日本でも受け入れられてきているのでしょう。
特に味付けの濃い目の食事などと合わせて飲む場合には、飲み口の爽快感で口の中がさっぱりして、食事も進みます。

今回は、この炭酸水で流行の製品についていくつか紹介していきましょう。
まずは、天然炭酸水として有名な「サンペレグリノ」です。
イタリア産のミネラルウォーターで、欧州ではかなり有名なミネラルウォーターの一つともいわれます。赤い星がトレードマークになっている炭酸水です。
「サンペレグリノ」は、日本でも人気があり、大手ネット通販のAmazonの「炭酸水」人気ランキングでは1位になっています。(2011年11月25日現在)
他に人気の炭酸水ではネスレグループ、日本ではサントリーから販売されている「ペリエ」ですね。
Amazonの「炭酸水」人気ランキングでは2位につけています。
欧州ではどこにでも置いてある炭酸水といってもいいくらいの定番のものです。
日本でも人気がある炭酸水の一つと言えるでしょう。
国産の炭酸水では「サッポロ おいしい炭酸水」が人気な様です。この炭酸水は純水を使用しています。輸入の炭酸水が硬水をベースに炭酸が入っているというものが多いなか、この「サッポロ おいしい炭酸水」では、純水に炭酸水を加えるということで日本人の口に合った味になっています。

しかし、「炭酸水を飲むと身体に悪いのではないか?」と思っている方もいるのではないでしょうか。
ですが、ミネラルウォーターに含まれる炭酸程度では何の害もありません。
「炭酸飲料」などの場合はその味付けのための添加物や砂糖などが大量に含まれているため、飲みすぎると身体にあまりよくありません。
しかし、「炭酸水」は炭酸が含まれているという以外では普通の「水」なのです。
飲んで健康に悪いということはありません。
心配しないで飲むことのできるものなのです。