アルピナマスターコラム-第8回

アルピナマスターコラム

アルピナマスターコラム

第8回
お料理にも

2011年9月9日

アルピナウォーターの取水地は、大自然がそのまま残る北アルプス。昔から水がきれいなことで有名な土地です。周辺は、栽培にきれいな水が必須といわれるわさびの名産地でもあります。アルピナウォーターは、北アルプスの自然の力と人間技術が作り上げた最高級の水であり、料理やコーヒーにも最適の水です。

料理やコーヒーの水なんて、そう大きな違いがでるわけは無いとお考えでしょうか?ところが、その考えは少しばかり認識不足です。まず、アルピナウォーターは、北アルプスの雪どけ水が大自然のろ過装置ともいえる、山や何重にも積層した地層によってろ過されています。

しかも、この原水はそのまま採取地の工場で、徹底的に不純物を取り除くろ過が行われます。RO膜という海水の淡水化に使用する特殊な膜があります。このRO膜の1000分の1ミクロンの細かいフィルターが、原水を更に分子レベルで磨き上げていくのです。当然「H20」以外の不純物は完全に取り除かれることになるのです。純粋な水であるからこそ、料理やコーヒーの味を引き立てていくといえるのです。

そして、もう一つ重要なことがあります。水分子は、「クラスター」という分子がいくつか集まった集合体の形で存在しています。アルピナウォーターの何重にも及ぶろ過工程は、この水分子クラスターを限りなく小さいものとしていきます。水分子が集合体で大きな塊のクラスターとなっている普通の水に比べ、アルピナウォーターは、非常に細かい水分子になっていると考えてください。

水分子の粒子が細かいということはどういう効果があるでしょうか?分子が小さい、つまりそれだけ細かい粒であるということは、料理の素材に対する水の浸透力が全く異なってくるのです。大きな水分子クラスターが染み込まないところまで、アルピナウォーターのクラスターの小さい水分子は、より素材の奥深くまで浸透していきます。そして、細かなクラスターは素材のおいしさを水の中に抽出する能力も非常に高くなります。

この違いがはっきり分かるのは、特にお米の炊き上がりでしょう。アルピナウォーターの高い浸透力がお米の隅々までいきわたり、ふっくらとした炊き上がりを実現できます。そして、抽出力の高さは、コーヒーの味や風味を限界まで引き出します。このため、アルピナウォーターで入れたコーヒーの味わいは一層のコクとうま味が引き立つことになるのです。